第4回研究会                      ワークショップ提案者 住中浩史さん

〈プロフィール〉

1977年広島県広島市出身

明治大学商学科商学部卒業

地域『の』アート

アートを通じ、実社会の中で、その場・その時とシンクロしつつも、そこに自分の考える価値観・物語を付加していく活動を行っています。

地域『で』アートを行うのではなく、その地域『の』アートとは何かを絶えず模索しながら、実際に制作・行為・会話の中で実践していきます。

【アートセンタープロジェクト】

近年は、表現の専門家のためでない『場』づくりをメインに活動しています。

色々な人が『何かしたくなる』アフォーダンスのある『場』と『出来事』を創出し、そこが時間をかけて使われていく中で、小さくとも地域文化が生まれることを目指して活動しています。※ここでいう『場』は部屋や建築だけでなく、屋台のような、人が集まる空間も示しています。

 

第3回研究会                      ワークショップ提案者 遠藤幹子さん

〈プロフィール〉

東京藝術大学大学院建築専攻修了。ベルラーヘインスティテュート修了。留学中の出産子育てを経て2003年にoffice mikikoを開設、おとなもこどもも楽しめる空間を美術館などで多数手がける。2008年よりアフリカのHIV陽性者や妊産婦支援プロジェクトに携わり、建築と芸術の力で人の暮らしがより豊かになる活動を行う。JCDデザインアワード新人賞、こども環境学会デザイン奨励賞ほか。共著に『ゼロ世代11人のデザイン作法』(六耀社)、『仕事や人生や未来について考えるときにアーティストが語ること』(フィルムアート社)。一級建築士、office mikiko一級建築士事務所代表、京都造形芸術大学、桑沢デザイン研究所講師。


第2回研究会                      ワークショップ提案者 池田 遼さん

〈プロフィール〉

千葉県生まれ。高校生より演劇を始める。

日本大学芸術学部演劇学科演技コース卒。

コンテンポラリーダンスを二見一幸、金子礼二郎に師事。

劇団少年王者舘、おしゃれ紳士(パフォーマンス集団)、ホナガヨウコ企画(ダンスカンパニー)、それぞれに所属しており出演と振付を行う。

最近の出演に、黒沼英之「ふたり」PV、セガネットワークス「チェインクロニクル」TVCF、「こびとづかん」DVD、「家族で選ぶにっぽんの歌2014」北島三郎バックダンス、「LINE(公園編)」TVCF、家入レオ「Silly」PV,NHK紅白歌合戦2014バックダンサーなど。

舞台ではそれぞれの所属団体の作品他、パパイヤ鈴木のダンス公演などにも参加。


第1回研究会                      ワークショップ提案者 藤田 承紀さん

〈プロフィール〉

1982年、千葉県生まれ。イタリアでの料理修行後、帰国。料理教室を主宰する傍ら、自然栽培、有機栽培で年間130種を越える野菜作りを実践中。ダンス講師としても活躍中。自身の怪我やレッスン生の子供達の食生活の乱れを目の当たりにした経験をきっかけに、プロダンサーから料理家に転身。週刊女性、dancyu、レタスクラブ、UOMO等の雑誌混載やNHKひるまえほっと出演等、メディアで活動しながら「食卓に笑顔を」をモットーに、家庭でも簡単にできるイタリアンを提案。2014年7月に書籍「野菜のチップス果実のチップス」を文化出版局より発売。

Elle a table料理人フードバトル2009グランドチャンピオン

アメリカ大使館内の菜園管理人

ビジョナリーアーツ料理学校特別講師

服部栄養専門学校特別講師

東京ガスライフバル北料理教室講師

船橋農産物供給センター顧問料理人

avax dancemasterインストラクター